インプラントとは

インプラントとは歯科治療法の一種で、歯のない部分の骨に直接人工歯根といわれるインプラントを埋め込むことを指します。ほかにも人工歯や義歯を使用する上部構造や、インプラントと上部構造を連結するアバットメント方法があります。
一般的に人工歯とアバットメント・人工歯根を連結する際はスクリュータイプを使用しますが、セメントタイプを使用することもあり、その場合は人工歯を自身で取り外すことができないため、くれぐれも注意しましょう。

インプラント治療の最大のメリットは、見た目が美しいことです。人工歯と人工歯根の結合部分であるアバットメントが、歯茎の下に隠れるように施術を行うため、天然の歯と見分けが付かないほど自然で美しい仕上がりになります。
また審美的な人工歯を取り付けることもできるため、自分の理想の形の歯を手に入れることができます。さらに入れ歯や差し歯とは異なり、人工歯根を顎の骨に埋め込むことで天然歯と同じように強い力で噛むことができます。しっかりと固定されているため外れる心配がなく、天然歯と同様に食事を楽しめます。

インプラントのデメリットは、治療費が高額だということです。インプラント治療は保険適用外の自由診療となっており、一般的な歯科治療と比べると高い費用が必要となります。条件によっては医療費控除が適用される場合もあるため、インプラント治療を考える際は、かかりつけの歯科医で相談すると良いでしょう。
このほかのデメリットとしては、治療期間が長いことがあげられます。インプラント治療で使用されるチタン製の人工歯根は、顎の骨と結合するのに3~6ヶ月ほどの期間を要します。また高血圧症や糖尿病、妊婦など手術にリスクを伴う方は治療を受けられない場合があります。

このようにインプラント治療にはメリットとデメリットがありますが、仕組みをしっかりと理解していればとても便利な治療方法です。別頁にて知っておきたいインプラント知識をご紹介しますので、ぜひご覧になってください。

参考サイト≪http://www.omotesando-dental.com/≫