インプラント周囲炎

インプラントの施術を受けることを検討している方は、インプラント周囲炎について知っておきましょう。
インプラント周囲炎は、インプラント施術後のメンテナンスを怠ることで引き起こします。これは毎日きちんとインプラントの周囲を磨けていないと、プラーク(歯垢)が溜まり、細菌が発生することで炎症となります。
炎症を放置すると細菌が増殖し、出血や歯茎が痩せ、炎症が顎の骨まで達すると、インプラント事態を引き抜くことになります。

インプラント周囲炎は進行が早いという特徴があります。インプラントの周囲は天然歯のように栄養血管がないので抵抗力が弱く、また神経もないので自覚しにくく、気づいたときには重症化している場合があります。
インプラント周囲炎は、たとえ毎日歯磨きをしてケアをしていても完全に防ぐことは難しいとされおり、セルフケアだけでなく歯科医院でのメンテナンスも必要とされています。また喫煙や噛み合わせの不備でもインプラント歯周炎を招く原因となるので、定期的にメンテナンスを行いましょう。

インプラント歯周炎になった場合、自然治癒は難しいので早めに歯科医院での治療を受けましょう。症状が軽い初期段階の場合、プラークコントロールで改善が見込めますが、症状が進行してインプラントにプラークが付着している場合は、クリーニング処置が必要となります。症状がより進行して歯茎が腫れている場合や退縮している場合は、切開してインプラントに付着した汚れを取る必要があります。インプラント周囲炎を防ぐには、毎日きちんと磨きいて定期的に歯科医院でのメンテナンスが重要です。